非定型うつは他のうつ病と違う特徴あり【イライラなどを感じやすい】

サイトメニュー

なりやすい人をチェック

聴診器

注意したいポイント

うつ病と一言でいっても種類は様々ですが近年、増えているのが新しいタイプのうつ病と言われている「非定型うつ」です。非定型うつになりやすい人の特徴はあるのか、そして従来のうつ病とはどのような違いがあるのかチェックしてみましょう。このうつ病になりやすい人の特徴としては、他人から自分をよく見てもらいたいという意識が強いという人が挙げられます。幼いころから褒められることが多く、手のかからないおとなしい良い子と言われていた人が、新型のうつになりやすいようです。また、人から褒められても内心、自分に自信が無く他人からどう評価されているのか、気になる人もなりやすい人の特徴と言われています。非定型うつだけでなくうつ病はストレスを抱えると発症しやすいですが、このような環境で育ってきた人や性格を持つ人も、他人の目というストレスを抱えています。「人からどう思われているのだろう」と常にストレスや緊張を強いられることになるため、うつ病を発症するリスクが高まるのです。子供の頃から褒められて育ってきた人が、必ずしも新型のうつ病を発症するという訳ではありませんが、なりやすい傾向にあるということは覚えておきたいポイントです。また、従来のうつ病と非定型うつは症状が大きく異なるのも特徴的で、精神的に落ち込む時間帯が異なります。今までのうつ病は朝の時間帯に落ち込むのが症状として一般的ですが、非定型うつは夜に落ち込むことが多いようです。もし、夜になると気持ち的に不安定になったり、落ち込むことが多いという場合は新型うつを疑っても良いかもしれません。非定型うつはここ20年ほどで少しずつ浸透してきた、新しいうつ病とも言える症状で特に20代から30代と、若い人が発症しやすいという特徴があります。従来のうつ病は発症するまで好きだった趣味も楽しめなくなるなど、感情の起伏が少なくなりますが非定型うつの場合は、自分が好きなことであれば気分が上がるのが特徴です。自分がやりたいこと・好きなことに関しては積極的に動けるけれど、仕事や学校に行けなくなるというケースも少なくありません。従来のうつ病のように終始、気持ちが落ち込んでいる訳では無いので周囲から見ると甘えているように感じられます。ですが、非定型うつは治療の対象となるうつ病ですので、甘えや性格的に問題があるのではなく、病気ということを認識しなければいけません。そのまま放置してしまうと症状が悪化し、より社会生活を送り難くなってしまう恐れがあるので、その点は気をつける必要があります。さらに、新型うつは医療機関でも認識されるようになってから歴史が浅いということもあり、専門家でも十分に理解されていないこともあるようです。病院を受診しても他の病気と診断されてしまい、非定型うつの治療を受けられないケースもあるので注意が必要です。もし、新型のうつ病ではと感じる場合はうつ病はもちろん、非定型うつにも精通している医師がいる病院を選びましょう。病院によっては新型うつについての治療法などを、ホームページに掲載している所もあり、そのような病院であれば適切な治療を提供してくれると考えられます。

Copyright© 2018 非定型うつは他のうつ病と違う特徴あり【イライラなどを感じやすい】 All Rights Reserved.