非定型うつは他のうつ病と違う特徴あり【イライラなどを感じやすい】

サイトメニュー

うつ病の種類のひとつです

ハート

怠けや甘えと誤解される

非定型うつは、うつ病の種類に分類される精神疾患のひとつですが、従来のうつ病と違った症状も見られるのが特徴です。憂鬱な気分が長く続いたり、疲労感や体のだるさは感じたりしますが、趣味やレジャーなどの好きなことをしている時は症状が改善することもあります。従来のうつ病とは違い、興味や喜びの喪失感などは少なく、不安感や緊張、イライラなどを感じやすい傾向があります。一般的なうつ病の場合は午前中に気分が優れないことが多いですが、非定型うつの場合は夕方から午後になると、気分が優れないと感じることが多いです。周囲の家族は甘えや怠けだと感じることも多いですが、精神疾患のひとつなので本人は辛い症状で悩んでおり、精神疾患のひとつだと理解することが大事です。気になる症状が長く続く場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診して、診察やカウンセリングを受けることが大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、経験豊富な医師が在籍をしているので、日常で困っていることや、気になる症状などを伝えるようにしましょう。従来のうつ病と同様に抗うつ剤や抗不安薬などが処方されるので、しばらくは根気よく続けることが大事です。薬の効果が実感しにくいと感じる場合もありますが、抗うつ剤には即効性はないので、まずは3か月から6か月ぐらいは服用しましょう。非定型うつは若い20代の人や、女性にやや多い傾向がありますが、カウンセリングなどの精神療法や認知行動療法なども大変有効です。従来のうつ病とは違い、趣味や娯楽を楽しめるので誤解をされることが多いですが、自分がやれる家事や仕事は適度にこなすことも大事です。現代はストレス社会になっていますし、転職や転勤、結婚、引っ越しなどで環境が変わることも多く、心身共に疲労を感じている人が増えています。うつ病は代表的な精神疾患のひとつなので、病院やクリニックに通院をしたり、入院による治療を受けたりしている人も増加しています。非定型うつは従来のうつ病特有の症状も見られますが、少し違った症状も見られることが多いので、周囲の家族や本人も気づいていないこともあります。非定型うつは食欲が増進して体重が増えたり、過眠気味になりがちな人が多い傾向があります。一般的なうつ病と同様に通勤や通学をする前に、気分が優れないと感じたり、不安感や緊張などを感じたりしやすい傾向があります。非定型うつは誰でも罹る可能性がある病気ですが、ストレスに弱いタイプだったり、自分の意見をうまく伝えることが出来ないタイプも罹りやすい傾向があります。男性に比べると女性にやや多い病気ですが、趣味やレジャーを楽しんでいる時は、症状が改善することもあるので、周囲の理解を得にくい傾向があります。従来のうつ病に比べると、症状が軽い傾向がありますが、精神疾患のひとつなので、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診することが大事です。非定型うつは必ずしも、入院が必要ではなく通院による治療が可能になっています。従来のうつ病の場合は励ましや叱責などは良くないと言われていますが、非定型うつの場合は朝型の規則正しい生活を心掛けたり、自分でできる家事や仕事はさせてあげたりすることで、回復を早めることもあります。

なりやすい人をチェック

聴診器

子供の頃から褒められて育ってきた人や、人の目を気にする人が非定型うつになりやすいと言われています。甘えや性格の問題ととらえられてしまうケースがあるので注意しましょう。病院も非定型うつに精通している所を選ぶことが大切です。

詳しく見る

地元で人気の病院を選ぶ

女性

学校や職場、家庭などでもストレスを感じている人が多く、様々な要因が重なるとうつ病などの精神疾患に罹ることもあります。非定型うつは従来のうつ病とは違った症状が見られるので、本人や家族も気付いていないことが多いです。

詳しく見る

あらわれる症状の違い

男性

非定型うつはうつ病と違って20代〜30代の女性に多い病気です。あらわれる症状も違いがあるので発見が送れないよう注意しましょう。病院で診察を受ける時には全てを正直に話すようにして、適切な治療が受けられるようにします。

詳しく見る

Copyright© 2018 非定型うつは他のうつ病と違う特徴あり【イライラなどを感じやすい】 All Rights Reserved.